今回のゲストは…?

はらまり
今回のゲストは、なんと作家の「Swind」さんです!よろしくお願いします!

Swindさん
よろしくお願いします!

いとうさ
「異世界駅舎の喫茶店」を書かれている方ですよね

はらまり
11月には「名古屋めし」のレシピ本も出されています♪

いとうさ
一体どんな風にお話を考えているのでしょうか?

いとうさ
それでは、「しごとーく」スタートです✨

「なろう」と思ったきっかけ

hanakin (1)

はらまり
早速ですが、作家さんとして活動してどのくらいですか?

Swindさん
約3年になります!

はらまり
作家さんになったきっかけを教えてください

Swindさん
もともと本や漫画を読むのが好きで移動時間でも読んでたりしたんですが、本って何冊も持ち運ぶのは大変じゃないですか…

はらまり
(うんうん)

Swindさん
そんな時に小説をインターネットで読めると知り、そこで出会ったのが「小説家になろう」というサイトです。

いとうさ
「小説家になろう」?

Swindさん
オンライン小説や携帯小説が掲載されているサイトです

Swindさん
そのサイトは自分でもお話を書いて投稿することができるんですが、そこでふと「自分でも書いてみたい」「自分の好きな話を作りたい」と思ったのがきっかけでした。

いとうさ
ではもともと小説を書くお仕事をしていたわけではなかったんですね

Swindさん
そうなんです

Swindさん
実は絵を描くのがあまり上手ではなくて…

Swindさん
でも文章なら書けそうかなと思い書き始めました!

はらまり
「異世界駅舎の喫茶店」はコミックにもなっていますよね…?

Swindさん
実はあの作品は、本として出る前からコミカライズすることが決まっていたんですよ

はらまり
そうだったんですか?

Swindさん
出版社の方から話を聞いたときはとてもびっくりしました(笑)

Swindさん
でもご縁があってコミックにすることができてとても嬉しかったです

いとうさ
小説と漫画、どちらも読むとより楽しめそうですね♪

はらまり
ところで「Swind」さんというお名前はどういう意味なんですか?

Swindさん
「そよ風=Soft Wind」から来ています。名前には「風」という意味を入れたかったんです

いとうさ
もう一つの名義も「風」を表す「凪」という字が入っていますよね

Swindさん
「神凪唐州(かんなぎからす)」という名前は「大須裏路地おかまい帖」という本を出すときに考えました

Swindさん
文芸というジャンルなのでアルファベットの名前が使えなくて…

はらまり
そんな決まりもあるんですね!

美味しそうなご飯を「書く」

hanakin (1)

いとうさ
色々なお話を書かれていますが、何か気をつけていることはありますか?

Swindさん
ご飯を美味しそうに書く、ということは心がけています

Swindさん
絵がない分、わかりやすく、イメージがしやすいように気をつけています

Swindさん
それから、ご飯はもちろん、出てくるキャラクターの思いや、食べ物にまつわるエピソードなどもしっかりと伝わるようにしています

いとうさ
絵や写真がなくても頭の中で想像しながら読むとお話がより面白いですもんね

Swindさん
主人公でもある「料理の作り手視点」というのも意識して書いています

はらまり
Swindさんご自身は料理はされるんですか?

Swindさん
するのも食べるのも大好きです!

Swindさん
本に載せている料理は、一度自分で作ってみることにしています

Swindさん
作らなくても、もちろん資料などを見れば書くことはできるのですが、実際に作ってみることでリアリティを出せるようにしています

はらまり
作ってみてわかることもありますもんね!

はらまり
「グルメ」というジャンルを選んだのはなぜだったんですか?

Swindさん
もともと料理ものの漫画や本が好きでしたし、食べることも好きなので、話を書くならグルメジャンルかなと思っていました

Swindさん
ただ他にもグルメ小説や料理漫画は出ているので、どう違いを出すか、ということは悩みました。

いとうさ
なるほど…

Swindさん
そんなときに、自分の生まれ育った「名古屋」という場所を参考にできないかなと思いついたんです

Swindさん
名古屋独特の食文化や、喫茶店が有名なことを盛り込んで生まれたのが「異世界駅舎の喫茶店」でした

本を出して感じたこと

hanakin (1)

いとうさ
作家さんになって、良かったなと思うことはありますか?

Swindさん
今までの経験が活かせることに気づいたことですかね

Swindさん
コンサルティングの仕事をしていたこともあるので企画やアイデアを出すのが得意だったんですが、そういう一面がお話を書く際にも役立っていると思います

Swindさん
それから読者の方からたくさんの反応をいただけることも嬉しいです!

Swindさん
応援やコメントがあるからこそ書き続けることができたと思っています

いとうさ
では逆に大変だなと思うことはありますか?

Swindさん
「本」を出したことですね

いとうさ
え…?

Swindさん
もともとお話を書いていたのがwebサイトだったということもあり、本にするためにほとんど全てを書き直したんです…

はらまり
webでみるのと本で読むのでは大きさも違うから、改行の場所も変わってきますもんね

Swindさん
そうなんです、リズム感もあるのでそういった部分を訂正しました

Swindさん
「本にするということはこんなに大変なのか!」と身にしみました(笑)

はらまり
そんな大変な作業の中で、息抜きにしていたことはありますか?

Swindさん
他の作品を読んだり、仲間と話したり、お出かけしたりして息抜きをしていました

いとうさ
名古屋出身ということですがおすすめスポットなどありますか?

Swindさん
やっぱり「大須」ですかね!

Swindさん
今とても勢いのある町だと思っています。新旧のごった煮感がとてもいいですよね

はらまり
色々な文化も混ざっていて楽しい町ですよね♪

いとうさ
今後はどんなお話を書いていきたいですか?

Swindさん
これからも「名古屋」のことをもっと色々と書きたいと思っています!

Swindさん
文章を通して名古屋の魅力や面白さを発信していきたいです

面白いことはやってみる!

hanakin (1)

はらまり
「小説家になろう」というサイトは誰でも投稿することができるんですか?

Swindさん
もちろんです!

Swindさん
最近は学生作家さんもいらっしゃいますよ

いとうさ
学生さんで作家さんですか?

Swindさん
学生さんに限らず、仕事をしながら書かれている方もいます

Swindさん
今は「話を書く」ということが本当に気軽にできるようになったので、興味がある方にはぜひ挑戦してもらいたいです

はらまり
ではぜひ興味を持っている方に一言お願いします!

Swindさん
とにかく「面白そうなことはやってみる!」というのが大事だと思います

Swindさん
経験は必ず次に繋がると思っています。何があるかなんて誰にもわからないのでそれを楽しめるといいですよね

いとうさ
どこかで今の経験が繋がることもありますもんね

Swindさん
「違ったな」と思ったらやめればいいので、まずは興味のあること、面白そうだと思ったことにどんどん挑戦をして欲しいです。

はらまり
ありがとうございます!

いとうさ
最後にお知らせがあるんですよね?

Swindさん
はい!

Swindさん
11月にSwind初となるレシピ本が出ました!

Swindさん
「名古屋めし」に特化した今までにないレシピ本です!

はらまり
味噌カツや手羽先、小倉トーストなど「名古屋めし」好きには必見の本です♪

いとうさ
みなさんぜひ読んで、そして実際に作ってみてくださいね〜!

はらまり
Swindさん、今日はありがとうございました!

Swindさん
ありがとうございました!

さいごに

hanakin (1)

いとうさ
好きなことや今までの経験を活かしたお仕事ができるのって幸せですよね♪

はらまり
興味があったら挑戦してみる、ということが自分の好きなことをすることに繋がるのかもね

いとうさ
新しいことを始めるのってついつい躊躇してしまいがちだけど、挑戦するときっと新しい世界が広がりますよね

いとうさ
わたしも何か挑戦してみようかな?

はらまり
手始めに料理に挑戦するのはどう?

いとうさ
Swindさんのレシピ本買ってこなきゃ!

はらまり
さて、「花金だより」では毎月ゲストを迎えてお話を聞いていきます

いとうさ
来月も楽しみにしていてくださいね☆

はらまり
それではまた来月の「花金の日」にお会いしましょう!

第5回ゲスト

作家 Swind/神凪唐州
Twitter https://twitter.com/swind_prv
出版書籍 【異世界駅舎の喫茶店】
http://amzn.asia/d/cTtxveQ
【大須裏路地おかまい帖】
http://amzn.asia/d/5tLOBrk
【でらうまカンタン!名古屋めしのレシピ】
http://amzn.asia/d/9NvoDds

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事